スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
お久しぶりです
やっと、やっと、ホームページをリニューアルしました。

これからページ数とリンクを増やしていきますので、時々チェックしてみてください。
スポンサーサイト

テーマ:ある日のできごと - ジャンル:育児

[2012/10/01 18:18] お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
頭の形について ①プロローグ
頭蓋骨は、脳の大切な脳の容れ物です。

見る、聞く、話す、嗅ぐ、味わう、触れる。

走る、歩く、食べる、トイレに行く、考える、眠る。


何気なくしているこれらのことは、脳や神経の働きによります。体中に張り巡らされた神経は、脳と各部位の間を取りもち情報のやりとりが行われます。

人間の体を会社に例えるならば、脳は社長室のようなものです。脳はとても大切な器官です。

その大切な脳の容れ物が頭蓋骨です。
人間の容姿が十人十色なように、頭の形や大きさも人それぞれです。

実は、頭の形が学習能力や行動面などの発達に影響することがわかってきています。

これから何回かに分けて頭の形について取り上げていきますね。

テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - ジャンル:育児

[2012/10/09 21:49] 頭の形 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
頭の形について ②こどもの頭部の発達
よく海賊船のマークで使われるドクロマーク。理科室にあった人体模型。

あれをみると、人間の頭の骨は風船みたいに膨らんだ立体的な球体の骨だと思うかもしれません。

でも、本当は頭の骨はいくつもの骨が組み合わさっています。サッカーボールやバレーボールは何枚かの皮が貼り合わされてできているようなイメージです。

成長して脳が大きくなるために、赤ちゃんの頭の骨は完全に癒合していません。成長するためのスペースがあり可動性に富んでいます。

特に最初の一年は頭部も体も著しく大きくなります。生まれた時の脳の重さは約400gですが、1才で約800g、大人では約1.5kgです。最初の一年で脳が2倍にも大きくなるのです!頭の大きさは、1歳までに大人の85%に達します。

脳の容れ物である頭の骨は、さまざまな原因によりゆがむことがあります。次回は斜頭症について書きます。

テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - ジャンル:育児

[2012/10/09 22:14] 頭の形 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。