スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
斜頭症②その要因
斜頭症は、頭が著しく成長する時期にプレッシャーがかかることが要因であると考えられています。

あおむけ寝だけではなく、その他様々な要因が挙げられます。

頭の骨のゆがみは生まれた時からあるお子さん、生後しばらくしてから気づかれるお子さんがいます。

お母さんのお腹の中のスペースは無限ではなく、胎内でのポジションや出産の状況によっては頭が圧迫され変形することがあります。

また、外界に出てきてからも同じ側の腕で抱っこや授乳するなどの様々な要因によって頭が圧迫されます。

後頭部は丸みをおびているため、斜頭症の場合は平らな側に頭が転がってしまいさらに圧迫を受けるという悪循環も生まれやすいです。



この悪循環には体のゆがみが大きく関わっています。胎内環境や出産により、赤ちゃんは体にゆがみを持ちやすいです。首の動きやすさに左右差があると頭が片方に転がりやすくなり、同じ場所にプレッシャーがかかり頭の形がゆがみやすくなります。また、斜頭症により姿勢がかたよることでゆがみを持ちやすくなります。

カイロプラクティック治療では、神経の働きが正常化して体のバランスが良くなるので、斜頭症の予防・改善が期待できます。

テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - ジャンル:育児

[2013/01/22 09:00] 頭の形 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<斜頭症③頭のゆがみは大きくなれば治るでしょうか? | ホーム | 斜頭症①発症の頻度>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hlc3.blog41.fc2.com/tb.php/20-fb3c5b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。