スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
斜頭症⑥カイロプラクティック治療
赤ちゃんの頭の形は、生後1年までに大人の85%の大きさ になります。特に最初の5カ月は人生でもっとも頭の大きさが成長する時期です。

頭のゆがみが気になって1歳を過ぎて治療を開始しても形が整う可能性はあまりありません。そのためヘルメット治療は1歳以下の場合に有効とされています。

ですから、斜頭症の治療はできるだけ早い時期に開始することが大切です。
できるだけ早く、できれば生後3-4ヶ月のうちにカイロプラクティック治療を開始するべきです。

頭の形を整えるために、頭の向きを頻繁に変えることによっても改善する赤ちゃんはいますしある程度の改善は期待できますが、そのような努力をしても100%の赤ちゃんが改善するわけではありません。

斜頭症の予後の研究では、絶壁形(短頭症)の改善率が高いのに対し斜頭症の改善率が低いという結果が出ました。
乳児期に斜頭症だった64人のうち42人は3、4歳になっても斜頭症でした(改善率34.4%)。これに対して乳児期に短頭症だった27人のうち4人だけが4歳になった時点で短頭症でした。(改善率85.2%)
この研究に参加した児の保護者は頭の位置を変えるなどのアドバイスを同じように受けていましたが、結果このようになりました。

親がどのくらいアドバイスに従うかという要素も大事になりますが、左右どちらかに首が向きにくい・赤ちゃんの首の力が弱いということも斜頭症に大きく関わってきます。

例えば、左に首が向きにくい赤ちゃんはいつも右を向いて寝るので右の後頭部に重みがかかり平らになりやすいです。また、首の筋肉の発達が十分でない赤ちゃんは首の向きを自分で変えることができずに頭の形が平らな側にいつも頭が傾いてしまいます。

ヘルシーライフセントラルのカイロプラクティック治療では、ゆがみを整え神経の働きを最適化することで首の動きや筋肉の働きがよくなるので、このような悪循環をたちきるきっかけになります。また、ヘルシーライフセントラルでは日常生活での細かいアドバイスもしています。

テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - ジャンル:育児

[2013/02/05 10:00] 頭の形 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<妊娠への水銀の影響、爪検査のすすめ | ホーム | 赤ちゃんがカイロプラクティックを受けても安全ですか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hlc3.blog41.fc2.com/tb.php/27-8d3d7930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。